不用品回収業者の資格や許可とは!?気になる回収業者の業界!

- 不用品回収業者になる為にはどんな事が必要なのか


更新情報

不用品回収業者になる為にはどんな事が必要なのか

不用品回収業者について、興味のある方も多いと思います。
不用品を回収してもらう事の他に、不用品回収に関わる仕事に就きたいと思う方も居る事でしょう。
こうした不用品回収業者の仕事をする為にはどうしたら良いのでしょうか。
不用品回収業者になる為には、大きく分けて収集運搬業と処分業の2種類があり、収集運搬業が不用品回収業者にあたります。

処分業の方は、不用となった品物を処分する施設の確保が必要となる処分専門業者の事を言います。
不用品回収業者になる為には、処分業に比べて比較的難しくなく、資格や許可を取れれば営業を行う事が出来ると言われています。
必要な資格や許可等については産業廃棄物処理業の許可が必要となります。
産業廃棄物処理業の許可を得ていれば、不用となった品物を集めて運ぶ事が出来るようになります。
ですが、ここで注意しなければならないのは、産業廃棄物処理業の許可を得ただけでは、処分までは出来ないと言う点です。
また、産業廃棄物のみ集めて運ぶ事になりますので、一般家庭から排出される不用となった品物を集めて運ぶ事は出来ません。
特定の業種の事業所から排出される物だけが対象となる事もあります。
一般家庭から排出されるような不用となった品物を回収する為には、一般廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。
つまり、不用品回収業者としてやっていきたいならば、この許可が必要となる事になります。

ですが、多くの都道府県や市区町村では、既存事業者に対する配慮もあり、新規での一般廃棄物収集運搬業の許可は簡単に出してはくれない傾向にあるようです。
こうした点から、不用品 回収業者になる為には、ある程度の知識と許可を得る為の信用が必要となることが分かります。
万一、無許可で不用品回収業者として営業を行った場合には、違法となってしまう為、無許可での営業はしない事が大前提です。
許可を得ているからこそ胸を張って営業出来る職種でもあるので、本気で不用品回収業者としてやっていきたいならば、先ずは一般廃棄物収集運搬業の許可を得るよう努力する必要があります。
誰でも出来るような印象を受ける不用品回収業者ですが、実は意外と厳しい世界でもあります。
そう簡単に誰でも許可を得られるわけではありませんし、都道府県や市区町村によっては、独自の決まりごとがある場合もあるそうです。
こうした事から、安易な考えで不用品回収業者として営業する事はおすすめできません。


Copyright(C)2015不用品回収業者の資格や許可とは!?気になる回収業者の業界!All Rights Reserved.